スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

『宇宙の法ー黎明編ー』と宇宙人リーディングの真実

今日は、『宇宙の法ー黎明編ー』と宇宙人リーディングの真実について書こうと思う。

 

 

2018年7月4日、大川隆法総裁は、

埼玉スーパーアリーナでの御法話『宇宙時代の幕開け』のなかで、

この地球は、すでに宇宙人が多数飛来し、

アメリカや中国などが宇宙人から技術提供を受けていること、

そして宇宙人は遥か昔から何度も地球人とコンタクトしていたと語った。

 

 

そして大川隆法総裁の宇宙人リーディングによれば、

地球創世の時から、何種類かの宇宙人が地球に降り立ち、

違った星から来た宇宙人と地球人が集まって、

地球の文明を創ってきたのだということ。

 

宇宙人が地球に来ているのは、遥か昔に分かれた

同胞たちが、地球でどのように暮らしているか、

幾度かの文明の危機があり、また現在文明の危機の時代であるため、

地球に介入しようとしている宇宙人もいるが、

地球人類が文明を滅ぼさないように見守っている宇宙人もいる

ということを語られた。

 

 

 

私はHSの信者であるので、内部での宇宙人系の御法話は多数あり、

また書籍化されているものも知っているのだが、

今回はこの御生誕祭というHSの年間で一番大規模な行事である

公式行事で、一般の方々も多数参加しているなかで

直接的に宇宙人の話をかなり長く話されたのは

本当に珍しいことであった。

 

 

それだけに、

日本では敬遠しがちな宇宙人やUFOの話が

大講演会で語られることに対する

この32年間の着実な実績と信用の重みを感じ、

そしてこれから来る宇宙時代の幕開けが、

本当にこの御法話から始まるのだという

武者震いのような衝撃を感じた。

 

 

 

明治維新でいえば、

黒船来航前夜といったところだろうか。

 

 

すぐにそうなるということではないだろうが、

御法話のなかで、

アメリカでは数百万から1千万人の人々が

アブダクションで宇宙人に連れ去られているという

報告にも言及された。

 

 

このように、世界では宇宙人やUFOは

身近な話題になっているにもかかわらず、

宇宙人やUFOに関しては

日本は情報鎖国状態としかいいようがない。

 

アメリカと中国の次の戦争戦略は”宇宙”であり、

宇宙ステーションや衛星に対する攻撃など、

戦略的に”宇宙技術”を開発し続けている。

 

 

このままでは、日本は次世代の宇宙技術競争に

後れを取るばかりか、

宇宙人・UFO関連においては

まったく蚊帳の外の後進国となりかねないのだ。

 

 

いわば、幕末に異国の黒船の性能や

外国の脅威に目を向けず、

日本国内だけ平和ならばよいとして

情報鎖国を続けた結果、

アヘン戦争で清国まで負かした

イギリスや外国の脅威にまったく

太刀打ちできない状態に似ている。

 

 

だからこそ、

大川隆法総裁はこの御生誕祭という最大級のイベントにおいて、

あえて宇宙人情報をくわしく開示し、

警鐘を鳴らされたのではないだろうか。

 

 

 

 

そして、御法話のなかで

幸福の科学製作の映画

『宇宙の法―黎明編―』にも触れられた。

 

 

大川隆法総裁は、

『宇宙の法―黎明編―』について、

 

「今回(の映画)は、スケールにおいて、ハリウッドに絶対つくれない。ボリウッドでもつくれない。ノリウッドでもつくれない。香港映画でもつくれない。(中略)観たら、スピルバーグだって引っ繰り返る。絶対につくれない内容ですから」

 

と語られたのである。

 

 

 

その真意は、エンターテインメント性もさることながら、

大川隆法総裁が積み重ねてきた「宇宙人リーディング」による

詳細な約500種類の宇宙人情報と地球創世記の宇宙人とのかかわりをもとに

シナリオを組み立てていることにある。

 

 

この映画は、アニメでありながら

神話であり、旧約聖書でいう創世記の部分が

含まれているといえる。

 

 

 

いわば、

幸福の科学の教えにおける

地球創世記の部分が、

宇宙の法という一大叙事詩として

映画という形で描かれているのだ。

 

 

少なくとも、

フィクションでありながら

霊的真実や宇宙人情報が含まれており、

現実世界においても、

宇宙や宇宙人を研究している国ほど、

驚愕に値する内容であろうと思う。

 

 

この映画は、

UFO後進国日本が眠りから目覚め、

世界に警鐘を鳴らし、

地球人としての共通の意識をつくるための

きっかけとなる映画かもしれない。

 

 

ぜひ日本で、世界中で

多くの人々に観ていただき、

宇宙時代の幕開けに乗り遅れず、

開国できる私たちでありたいと思う。

 

 

 

 

 

更新の励みに、ランキングに参加しています。

よろしければ、クリック応援お願い致します!
 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へにほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へにほんブログ村

 

宗教ランキング

アーティストランキング

 

 

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL